Virtual Exhibition

昨年新しいNYのエキシビジョンの主催者から

コンタクトがあり、まずはオンラインマーケットから

取り組むこととなった。


その前にイタリアのときの仲間たちが

パリのショウルームに誘ってくれ

とても嬉しかったけれど

やはりアメリカに集中したいという理由で

今年度は断ったのだ。


取捨選択で自分の道は必ず正しいと築き上げてみせる。