top of page

少し秋らしい気配に

夜は窓を開けてみる

ひんやりとした風が足の裏を撫で

りーりーという虫の声に合わせて

深呼吸


なんて豊かなんだろう、と

しみじみ感じるのだった。


Comentários


bottom of page