design & manufacture

nam-jewelry is all handmade by Nami Maeda, a jewelry designer.

She designs jewelry, makes original form and adjusts K18 original color. Then she finishes it with gem selecting, designing of cutting and attaching a jewel with.
​She makes it as a treasure and keeps good quality so that you can wear comfortably and feel her hands’ warmth.
K18 colors are “Luna Gold” imaged as a pale-blue colored moon and “Sole Gold” like the sun orange.
She keeps searching and adjusting carefully the gold color which matches skin and has presence.

Nami Maeda
After graduating from the Department of Fashion, she left for Italy.She started to work at a small atelie in Milano while attending fashion design school and designed for clothes, bags and shoes. After coming back to Japan, she worked as a member of designer team in an apparel company.

Then she found pleasure in making clothes for herself and decided to make jewelry as women’s treasure.

namのジュエリーはひとつひとつ

デザイナーのnami maedaが手の作業にこだわり、

デザインからジュエリー原型の作成、K18のオリジナル色の調合、

石のセレクト及びカットのデザイン、石留め、仕上げまで致します。

namのジュエリーをお客様に心地よく身に着けて頂く為に

高い品質を保つ商品として管理をするとともに、

手のぬくもりを感じて頂けるように、大切に制作しております。

K18の色は

青白く光る月をイメージした luna / ルーナゴールド

陽だまりのようにオレンジがかった sole / ソーレゴールド

存在感があって、肌なじみの良いゴールドの色を探求し、

調合しております。​

nami maeda

 

服装学科卒業後、イタリアへ。

ファッションデザインの学校に通いながら

ミラノの小さなアトリエで働き始め、

服、バック、靴などのデザインに携わる。

帰国後、アパレル会社の企画チームで働く。

 

服は自分の為に作るのが楽しいと気づき、

人に大切にしてもらえるものを作ろうと

ジュエリーの制作を始める。