about K18

 

K18とは?

ジュエリーに使われるゴールドと言っても色々な種類があります。

イエローゴールドやピンクゴールド、ホワイトゴールドなど。

これらは純金に対して銀や銅の配合の量で色に変化をつけたものです。

 

それではその中でもK18やK14というものがあるのは何を意味しているのでしょうか。

それはその中に含まれている純金の割合のことです。

 

K24とは純金=金100%になります。

(ちなみに”K”とはカラットの頭文字で重さの単位のことです。)

純金は柔らかすぎるためにジュエリーにはあまり向いていません。

 

K18とはこのK24に対して、24分の18の割合で純金を使用しているという意味です。

つまり18/24=75% (1000分率で言うと750となります。)

その他の25%で、一般的に銀や銅などの金属を使用して色を表現しています。

 

K14では14/24で58.3%の金が使用されているという意味ですね。

なのでK10と表示されているジュエリーは、10/24=41.6%となり、

半分以上は銀や銅などの、金以外の金属が入っているという事になります。

 

K20やK22のジュエリーも存在しますが、金の色が濃くなりすぎてしまい、

私の表現したい色を出す事が出来ません。

 

namのジュエリーでは1000分率の750を守り、K18をオリジナルで調合し、

納得のいく色を作って、使用しております。(製品には”750”と刻印しております。)

 

一度手にしたらずっと大切に、宝物のように永く身に着けて頂きたい。

そんな想いから、地球上の限られた貴重な資源である金を、その重みを

感じられるように使用して、namのジュエリーは作られています。